28日間の周期を低用量ピルで抑制し健康被害を抑える

現代社会の女性は、社会進出とともに出産する機会も遅くなり、またもし産んだとしても経済的な理由から一人っ子や多くても2人までという家庭も少なくありません。
あるいは、一生を通して子供を産む機会がない女性も増えることを背景に、月経や排卵を繰り返すことでの健康被害で悩まされている女性も実は数多くいるのです。
女性にとっては妊娠と出産、授乳を繰り返すのが女性にとって自然な体の状態であり、生理も一生涯を通して50回程度で閉経後の寿命も短かったことから、更年期障害に悩む女性も少なかったといわれています。
そのように何千年、何百万年と過ごしてきた女性の身体にとって、現代は非常に不調を抱えやすい時代となっています。
食生活の豊かさから初潮も早く訪れ、出産回数や授乳期間も非常に短く、また生理においては一生を通して450回ほど排卵と生理を繰り返すことで、昔の女性の何倍も卵子や子宮を酷使している状態です。
そのため、更年期障害に悩まされたり卵子の劣化により不妊が続いたりするだけでなく、子宮がんや卵巣がん、貧血や30代前半で若年性更年期障害に悩まされるなど、現代女性の身体は心も体も不調を抱えやすい状態になっているのが現状です。
また、仕事でのストレスや過度なダイエット、栄養不足や喫煙習慣などによりホルモンバランスが崩れて女性ホルモンの分泌も低下し、本来28日周期で繰り返す生理も予定日にきちんと来ないことや反対に出血方になるなどの症状にも悩まされています。
低用量ピルは、生理周期をコントロールすることで子宮や卵巣を休眠させ、病気の予防や女性特有の様々な体の不調に役立てていくことができます。
排卵をなるべく起こさないようにすることで卵巣などを傷つけず、子宮内膜を薄くする作用や更年期障害などの症状の緩和にも有効です。
健康で快適な生活を送り長生きするためには、低用量ピルによって体を休めることが大切になってくるのです。