病院で処方してもらえる経口避妊薬の低用量ピル

避妊の方法として一般的なのはコンドームによるものですが、これは途中で破れてしまうなどの失敗の危険が大きいということがあり、より確実な避妊を求めるのであれば、経口避妊薬、いわゆる低用量ピルを服用するという方法のほうが適切といえるでしょう。
この経口避妊薬は、文字通りコップの水で口から錠剤を飲むだけという手軽なもので、まだわが国では普及率はそれほど高くはないといえますが、諸外国ではわが国などよりもかなり幅広く用いられているものです。
経口避妊薬にはエストロゲンという女性ホルモンのかわりとなる物質が含まれていますが、この成分は吐き気、嘔吐、腹痛などといった副作用をひきおこすおそれがあり、あまりにこの成分が過剰であると、当然ながら副作用のほうも強く出てしまうことになります。
そのため、現在ではエストロゲンの分量を限りなく少なくしたタイプの低用量ピルとよばれるものが主体となっており、かつて流通していた高用量ピルや中用量ピルよりも、さらに利用しやすいものとなりました。
このような低用量ピルは、市中にある薬局、ドラッグストアなどでは通常は取り扱っていませんが、これは医師が処方しなければならない医薬品であるという決まりがあることによるものです。
したがって、低用量ピルで避妊がしたいという場合には、まずは病院の婦人科などを受診して、医師の問診などを経て処方してもらうことが必要となってきます。
低用量ピルは手軽であるとはいえ医薬品の一種ですので、さきに挙げた副作用のほかにも、たとえば血栓症になりやすいといった副作用も指摘されています。
この血栓症に関しては、年代の高い女性や、タバコを多く吸う女性などは特に注意しなければなりません。